みちのくノルディックウォーキングネットワーク(MN-net)

設立趣意書

2017年JNFA総会にて設立趣旨の説明・・・

みちのくノルディクウォーキングネットワーク(以下MN-net)は、国際ノルディックウォーキング連盟(INWA)が公認するNPO法人日本ノルディックフィットネス協会(JNFA)の情報や教育プログラムに基づき、東北エリアで連携しながらノルディックウォーキングにかかわる事業に取り組み、その発展に寄与しようというものです。

 

ノルディックウォーキングで健康になる。ノルディックウォーキングしながら、人と人が、親と子が、そして大人も子供もともに語らい歩く。しあわせの輪が広がる。さらには、それが社会貢献にもつながっていく。そんな願いを実現、継続していけるようなノルディックウォーキングの輪を広げていきたいとMN-netの設立準備が始まりました。

振り返ってみれば、2005年頃より、みちのく・東北エリアではノルディックウォーキングの普及は各県ごとに段階的に進められ、インストラクターはもとより多くのノルディックウォーキングサークル・クラブも誕生しています。しかし一方、横のつながり、特にイベントの相互参加やインストラクターの交流、情報交換の機会などについては、なお一層連携して推進することが求められていると思います。また少子高齢化により切実な課題となっている「介護予防」「認知症予防」「閉じこもり予防」、震災後の「コミュニティーの再構築」、あるいは「健康経営」といった社会のニーズに対応する必要も見込まれます。

さらには、現インストラクターがその力量を発揮する場の整備も課題であり、その解決も急がれていると考えます。

そこで、この魅力あるスポーツを愛好する仲間同士が手を取り合うことによって、その力が何倍にもなることを信じ、力を合わせてノルディックウォーキングの普及に努め、健康増進、会員相互の親睦、地域づくり、仲間づくり、ひいては社会に貢献することを目的としてまいりたいと思います。

以上のようなことから、MN-netは次のような事業に取り組みます。
1 楽しく効果的なノルディックウォーキングの企画、提供をいたします。
2 JNFAノルディックウォーキングインストラクターに対し、NWに関する技術や資質向上を目指した講習会や研修会を開催すると共に、指導の場に臨む態勢づくりに努めます。

3 健康支援や交流を目指した事業、および社会貢献につながる活動の企画・運営など、会の目的達成とNWの可能性を広げる事業を行います。

 つきましては、この趣旨にご賛同いただき、本MN-net設立へのご支援、ご協力を賜りますとともにより多くの皆様のご参加をお願い申し上げます。 

          平成29年 6月     発起人代表 高橋 英子